haruka リード

筆者「はじめに、5人がharuka リードに決めたとっかかりをAさんから教えてください。
取材に応じてくれたのは、高校を卒業せずに五年間自宅にこもってきたA、中間業者として生活費を稼ごうとまだ上手くはいっていないB、haruka小さいながらも芸能プロの指導を受けつつ、アクション俳優を志望しているCリード、haruka リードのスペシャリストを名乗る、harukaティッシュ配り担当のD、リード五人目の、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
5人全員二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(普段は自宅から出ない)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですがリード、ネットでいい感じの子を見つけたら彼女の方からメッセージくれてharuka、それからリード、あるサイトにユーザー登録したら、直メしていいからって言われたのでID登録しました。そしたらその子からそれっきりでした。ただ、他にも女性はたくさんいたので他にもいたので」
B(転売に挑戦中)「最初の方はやっぱり僕もメールからでしたね。女優並みにきれいな人がいて好きでしたね。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトって、サクラの多さで悪評があったんですけど、会えたこともあったのでharuka、前と変わらずに利用しています。

分け入っても分け入ってもharuka リード

C(俳優志望)「私に関してですが、いろんな役になりきれるようID取得しました。haruka リード利用にのめり込んでいく人物の役をもらって以来使うようになりました」
D(アルバイト)「僕の場合haruka、友人でハマっている人がいて、関係で手を出していきました」
それからリード、トリを飾るのがEさん。
この人についてはharuka、オカマですので、リード率直なところ参考にはならないかと。

haruka リードを一行で説明する

筆者「ひょっとして、芸能界を目指すにあたって売れたいと思っている人って、harukaサクラを仕事にしている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(某芸人)「そうだと思います。サクラの仕事内容って、シフト他に比べて自由だしharuka、俺たちみたいな、haruka急にライブのが入ったりするような生活の人種にはばっちりなんですよ。予測不能の空き時間を利用できるし、貴重な経験の一つになるし…」
C(某現役アーティスト)「得難い経験になるよね、女性としてコミュニケーションを図るのは簡単じゃないけど我々は男性だからharuka、自分がうれしい言葉を相手に送ればいい訳だし、男の心理をわかっているから、haruka男もころっと引っかかるんですよね」
A(メンキャバ労働者)「逆に言えるが、女の子でサクラをやっている人はサクラはユーザーの心がわかってないからぶっちゃけ的外れっすよね」
著者「女の子のサクラより、haruka男性のサクラのに比べて優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属の一人)「そうです。優れた結果を残しているのは大体男性です。ところがどっこいharuka、僕は女のキャラクターを演じるのが上手じゃないのでharuka、いつも叱られてます…」
E(ある芸人)「基本haruka、不正直者が成功する世界ですからね…。女性になりきるのが結構大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女性の役を作っていくのも、リード色々と苦労するんですね…」
女性役のどうやってだましとおすかの話が止まらない彼女ら。
そんな中でリード、ある発言をきっかけとして、アーティストを名乗るCさんに好奇心が集まりました。

About